2007年06月01日

ホタテ丼 青森県 青森市 青森ホタテ万歳


-----青森ホタテ青森ホタテ青森ホタテ青森ホタテ青森ホタテ-----


ホタテ丼 青森県 青森市 青森ホタテ万歳

青森ホタテ万歳!

青森といえばホタテ。


-----青森ホタテ青森ホタテ青森ホタテ青森ホタテ青森ホタテ-----


七子八珍・堂々九品・隠れ十品の中の「堂々九品」に数えられる、
青森が抱く陸奥湾を代表する幸です。

貝柱が太って美味しいのが6〜7月。
ほたてのこが美味しいのが2〜3月。


-----青森ホタテ青森ホタテ青森ホタテ青森ホタテ青森ホタテ-----


このあたりが一般に旬と言われていますが、
青森でならいつ食べたって美味しいものです。

あまりにも新鮮なホタテを食べることができてしまうため、
けっこう刺身で食べる機会が多いホタテ。


-----青森ホタテ青森ホタテ青森ホタテ青森ホタテ青森ホタテ-----


子どもの頃からホタテの刺身が出てくると、
貝柱部分よりもヒモの部分を好んで食べていました。

あのコリコリした食感とホタテならではの磯の風味は、
新鮮なホタテを食べることができる
青森ならではの楽しみかもしれません。


-----青森ホタテ青森ホタテ青森ホタテ青森ホタテ青森ホタテ-----


以前、青森市の「くつろぎ懐石なみうち」で
ほたてづくしの膳をいただいたことがあります。ホタテの刺身、ホタテのグラタン、ホタテのフライなど
ホタテ料理だけで作られた膳なのですが、
これが不思議と飽きることなく食べることができます。


-----青森ホタテ青森ホタテ青森ホタテ青森ホタテ青森ホタテ-----


この時に聞いたお話なんですが、
以前、青森の調理師が集まってホタテ料理の勉強をしたことがあり、
日本料理、中華料理、フランス料理、イタリア料理、
さまざま技法でホタテを調理し食べ比べてみたところ、
一致して美味しいと評価されたのが「ホタテフライ」だったそうです。


-----青森ホタテ青森ホタテ青森ホタテ青森ホタテ青森ホタテ-----


ホタテの旨味を引き出しつつ、ホタテの旨味を逃がさない、
最高のホタテ料理こそが「ホタテフライ」なわけです。
意外な感じがしながらも、妙に納得できる話でした。


-----青森ホタテ青森ホタテ青森ホタテ青森ホタテ青森ホタテ-----


posted by ホタテ丼 青森県 青森市 at 14:00| Comment(27) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月11日

ホタテ丼 青森県 青森市 ほたて魚醤

ホタテ丼 青森県 青森市 ほたて魚醤

ありそうでなかった青森の隠し味 「ほたて魚醤」

魚醤とは、簡単に言うと「魚介類を発酵させてつくる醤油」のこと。

生の魚貝類に塩を加えると、内臓や肉に含まれている酵素が魚貝類のタンパク質を分解し、うま味たっぷりの水分が自然にしみ出てきます。この上澄みを濾したものが魚醤です。

今でこそ醤油が調味料の中心的存在ですが、醤油が広まる以前は、日本でも魚醤が一般的に使われていたと言います。

ホタテ丼 青森県 青森市 ほたて魚醤

日本で魚醤といえば、ハタハタなどを使う秋田の「しょっつる」、イワシやイカを使った能登の「いしる」「いしり」など。

東南アジアでは、ベトナムの「ニョクマム」やタイの「ナムプラ」が有名ですね。魚醤を使っている民族は世界になんと4億人もいるのだそうですよ。

さて、青森の魚醤はズバリ奥湾特産の「ほたて」が原料です。

ウロと呼ばれる部分をきれいに取り除いて塩を加え、
数ヶ月間かけてゆっくりと熟成発酵させる「ほたて魚醤」は、
食品添加物を一切使用せず、また一滴の水さえも加えないこだわりの調味料です。

魚醤には発酵による独特の生臭さがつきものですが、
青森特産のりんごを加えることによって甘味と酸味が加わり、
生臭さと辛味のカドがとれてとってもまろやかに仕上がります。

この「ほたて魚醤」を思いついたのは「下北ふるさとの会(横浜町)」、
味や製造技術の指導・開発は「青森県下北ブランド研究開発センター(むつ市)」、
そして商品作りを請け負ったのは「鰹ャ野寺醸造元(三戸町)」。

「日本一おいしい陸奥湾のホタテをもっと知ってほしい!」
ふるさとに対する熱い思いが「ほたて魚醤」の共同開発につながりました。

魚醤が好きな方はそのまま付け醤油として、
使い慣れていない方は、
ふだんの醤油に数滴加えたり煮物や鍋などの隠し味にするとグーなのだそう。

ほたて魚醤を少ーしたらせば、おいしい「貝焼き味噌」がさらにおいしくなる!とか。
早速試してみたいと思います。

ホタテ丼 青森県 青森市 ほたて魚醤
posted by ホタテ丼 青森県 青森市 at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。